ブライズメイドを友達に頼もう|チェック項目を詳しく紹介

結婚式の新常識

花嫁

お揃いのドレスで華やかに

最近「ブライズメイド」を取り入れて結婚式を行う人が増えています。アメリカやヨーロッパの結婚式では一般的な風習でしたが、日本でも芸能人が結婚式で取り入れたことにより認知度が広がりました。今回は、ブライズメイドのの役割や注意点などをご紹介していきます。・ブライズメイドの役割ブライズメイドとは、中世ヨーロッパが起源とされ、悪魔から花嫁を守るために、未婚の女性たちが花嫁と似た格好で付き添ったことが始まり言われています。結婚式においては、花嫁の介添え人としての役割をしたり、ブライダルシャワーと呼ばれる前祝のパーティーを企画したりもします。日本では、花嫁と仲の良い女性ゲストがおそろいの格好をすることとして定着しつつあります。・ブライズメイドのファッション日本の結婚式では、統一感と華やかさが増す演出として人気が高まっています。その為、ブライズメイドの衣裳選びでは「地味にならないこと」が重要です。色は白系やダークカラーは避け、形はノースリーブやベアトップを着用するのが一般的です。新郎新婦のイメージに合わせつつ、形か色のどちらかを統一させると場が華やかになります。・準備の際の注意点基本的に、ブライズメイドは新郎新婦側から依頼をし、衣裳代などの費用も負担します。依頼される方の負担にならによう式の3ヶ月前にはお願いしておき、費用やご祝儀についても後日もめないようによく相談しましょう。また、ドレスの準備自体はブライズメイド本人に行ってもらう場合もあります。ドレスコードによっては一般的な結婚式には着ていきにくいものも多く、わざわざ買うのは負担になりかねません。最近ではブライズメイド専門のレンタルドレスサービスも登場しているので、レンタルするのもよいでしょう。

Copyright© 2018 ブライズメイドを友達に頼もう|チェック項目を詳しく紹介 All Rights Reserved.