ブライズメイドを友達に頼もう|チェック項目を詳しく紹介

選ぶときのポイント

ドレス

ドレスは高価なのでレンタルを利用するのもおすすめです。レンタルは利用日の前日に届き、利用日の当日もしくは翌日に返送することが多く、5000〜10000円程度が相場です。着丈はかなり変わるので、着丈を確認して選びましょう。

詳しく見る

ネット通販を活用する

女性

セクシーなスーツはインターネットのサイトで購入することもできます。一つの店舗を長く使い続けたい方であればポイント制のお店を探すと良いでしょう。またできるだけ多く品物の写真を掲載しているお店は安心して利用できます。

詳しく見る

種類が探しやすい

足元

キャバサンダルはキャバクラで働く女性がはくサンダルのことです。きらびやかな素材やデザインで、ヒールが高いのが特徴です。実店舗ではあまり見つからないことも多いのでネット通販で買うのもおすすめです。安くバリエーション豊富なのがメリットですが、試着できないので注意が必要です。

詳しく見る

結婚式の新常識

花嫁

ブライズメイドは近年、日本でも人気が高まりつつある結婚式の演出だ。欧米では、ブライズメイドは花嫁の介添え人として定番だったが、日本でも花嫁とお揃いの衣裳を着ることとして定着してきている。華やかさと統一感のあるドレス選びがポイントになっており、結婚式前にブライズメイドとよく打ち合わせをしておくとよい。

詳しく見る

トレンドアイテムを着たい

婦人

パーティーのためにトレンドのドレスを手に入れたい場合、レンタルショップを活用しましょう。人気を博しているショップには多くのアイテムがありますので、トータルコーディネートを考えて借りられます。利用するショップごとに借りられる日数が異なりますので、確認が欠かせません。

詳しく見る

ドレスとの相性も考慮して

女性

好みもチェック

ブライズメイドとは、花嫁の介添え役となる女性たちのことです。本来は欧米の文化で、花嫁の友人知人の中でも未婚の人に頼むのが本来ですが、日本ではそこまで厳密に考えず、仲のよいグループ全員がなることが多いです。ブライズメイドはおそろいまたはそろいとなるようなデザインのドレスを着るのが通常です。ドレスは本来、花嫁からブライズメイドに贈るのが正式なものですが、ルールが緩い日本ではブライズメイド自身が選ぶことも多いです。花嫁が選ぶ際は、着る友人たちの色の好みや丈の好みを確認してから買うようにしましょう。露出が多いものも多いので、露出に抵抗がないかも確認する必要があります。また当然サイズの確認は重要です。ブライズメイドたち自身で購入するときは、花嫁の意向やお色直しのときのドレスの色などを確認してから買うのが大切です。花嫁が清楚な感じでまとめてほしいと思っているのか、明るく華やかな感じでまとめてほしいと思っているのかにより最適なデザインやカラーリングは変わってきます。またお色直しのドレスと丸かぶりするのが嫌な花嫁もいます。逆におそろいにしたい花嫁もいるかもしれません。その点もあるので、一度花嫁に確認をとってから買うのがおすすめです。ブライズメイドの衣装は様々なバリエーションがそろうインターネット通販で買うのがおすすめです。ただサイズがわかりにくいので、サイズについてはしっかりと確認してから買うべきでしょう。

Copyright© 2018 ブライズメイドを友達に頼もう|チェック項目を詳しく紹介 All Rights Reserved.